医学を基礎とするまちづくり

MBE、MBTとは

MBEとは

 MBEは「工学の知識を医学に応用する学問。MRI、CTなど」で一般的な用語です。これと逆に、医学の知識・叡智を工学・産業に応用する学問をMBE(Medicine-Based Engineering)、医学を基礎とする工学と定義します。

MBTとは

 (新しく作る、またはは既存の)「まち」に、医科大学や医師等が持つ医学の知識・叡智(MBE)を注ぎ込んで、付加価値の高いまち「MBT」をつくります。この過程が新産業創生、地方創生の原動力となります。
 これまで医師は、医学の知識を患者1人1人に対して用いてきました。しかし、医師の持つ医学の知識は膨大で、この知識は産業の創生、育成に大きな役割を果たせると確信しています。

MBTコンソーシアムと国・県・市・大学との関係

MBTコンソーシアムと国・県・市・大学との関係図

MBTのフィールド

MBTのフィールドの図

高齢社会におけるMBT・MBEの有用性

高齢社会におけるMBT・MBEの有用性の図

page top